実用的な実印つくるならオススメがあります!!生活密着お役立ち

実印は作っておくと本当に必要になった時に役立ちます!どんなタイミングがあるのでしょうか?

冠婚葬祭・入学卒業・就職転職と人生の節目に必要!!

  • 実印を作ってくれた小さなはんこ屋さん
  • 名字だけの印鑑を作りました

実印を作るタイミングは?

オススメタイミング
会社をつくったので実印を作成!
実印を作ったのは30歳を過ぎてから、独立して会社を作った時の始めて作りました。 それまでは、たんなるハンコは持ってましたし、特に使う事もなく、日常の暮らしで不便に感じる事はありませんでした。

会社を作ってからは会社のハンコが必要になり、その時に実印もいかがですかと勧められたのきっかけで、特に今日現在までにおいて 必ず実印でなければならない契約書というのは少なく、なくても困らなかったのではと思ってますが、奥さんと初めのマンションを買う時に良いハンコですと言われて嬉しかったのは覚えてます。(わざと書体とかこだわったので)とういわけでなんの為に使う為にハンコを作ったという事はなく、ただ単に作っただけと、ハンコ屋さんに勧められるがままにというところです。

実印は届けが必要だとか、高額な商品を買う時には必要だとかは独立してやっとお金が出来てから知った事で、その際に実印はありますか?と、聞かれて一応持っているよと答えられたのが嬉しかったりもします。
実印って買う機会ってほぼ人生で無いと思うので、必要に迫られてから作っても良いかと思います。(変わった苗字の方でなければ)、反対にいつ作ってもいいと思うし、持っていても損ではないし、実印で宅配便の所を押しても、特に問題はないと思いますので、(ウチの奥さんはたまたま置いてあった実印を宅配便のサイン欄に押してました。)ちょっとしたエッセンスとして自分で拘って作ってみるのも良いと思います。  ちなみに会社を作っても自分のハンコなんかあまり押す機会はなかったりします。シャチハタでいいってのいうのが多いです。

はじめての実印は銀行の出金に使用!

  • 本来実印と言うのは、何かの契約などに使用するものだということを私は全く知りませんでした。その為、荷物の受け取り以外はほとんど実印で対応しています。 当然、銀行印としても利用しているので、この間出金するのに実印を使ったばかりです。 その実印と言うのも、賃貸アパートの契約をするのに実印が必要で、たまたま手元にあった印鑑を印鑑登録しただけだったので、それほど高価なものでもありません。その為、使いすぎて、少しだけかけてきてしまいました。 これを本当は立派な印鑑に変更し、登録し直したいのですが、あちこちの銀行や契約などに利用しすぎているために、変更届を出さなければならないのが大変で、そのままです。


  • 私だけではなく、主人もちょっとしたことで印鑑が必要になると必ず実印を持っていきます。これではどんどん劣化していくし、いつ紛失してもおかしくない状態なので、心配です。 いつか立派な実印を作り、時間のある時に登録と変更を全て行って、持ち歩くのは認印だけにするようにしたいと思っています。